「水鏡」

mizukagami
水面の下では
夜にひらく花がある
深緋の山の端に太陽がしずむころ
そこでは露草色の光をのばしながら
西から太陽がのぼってゆく

森はなおいっそう青黒くかがやき
埋葬された痛みが鳥のように枝に憩う

水の中を河が流れている
目に見えぬ流れは時おり強い力で

見慣れぬ岸辺へ運んでゆくが
纏いつく温度は変わらず
胎内のようになつかしい

眠りから覚めた痛みや
解放された願いは
夢の中に新たな色彩を織りあげる

そうして 白銀の夜がやってくると
イメージや言葉は水面へ浮上し
人知れずそこに一輪の花を咲かせる

 

添付絵画:金子朋樹「水鏡」、F25号(53.0×80.3cm)、紙本彩色

撮影:松山圭介