「ギフト」

じんわりと夜がなぞられて、なぞられていることに気づいていない私は山々を眺め、朝がたちあらわれるのを待っている。しかしたちあらわれるように朝はたちあらわれず、じんわりと夜になぞられて朝がしみだしてくる。闇はどのような選択もまだ許されている紫を生んで消えてゆくので、残り香だけは胸にとどめておこうとして深呼吸をする。そのとき、紫に与えられ許されている選択が私の鼻腔をとおり湿り気をおびて希望のように肺にはいってくる。これは私の希望なのかしみでてきた朝がつれてきた希望なのか、ぼんやりと考えながら所在を問わなくてもいいとどこかから声がきこえたようなので私はその声を声だと思うことにした。耳の迷路をとおることなくやってくるようなので声だと気づけないでいる声があっただろう。幾重にも空間は在って、折り合って、重なり合って、ところどころ融合していて、かいくぐって朝がしみだす。空間の層を濾過された闇がしみだしてくる。闇はまわる。ぐるぐると空間をめぐる。闇の磁力がたくさんの闇に似た言葉や思いや表情をつれて、パレードのように空間をめぐる。ついてゆくもの、かたくなに拒むもの、見ようとしないもの、気づかないふりをするもの、闇が見えないものを闇は見る。闇からは見える。パレードがいちばん賑わうころ始まりと終わりが一緒になってあとをついてゆく。切り離せない二つはくるくるとまわって、まじりあったり離れたり。いつもどこかをめぐっているから、始まりと終わりが不在な空間も存在すると思う空間も存在するが、思うと思わないに関係なく始まりと終わりは空間をめぐっている。始まりと終わりの中を朝も夜もまわる。ぐるぐると空間をめぐる。私は定点になり画鋲のように空間に刺さっているからぐるぐると空間をめぐる朝と夜のなかに包み込まれる。始まって終わって始まって終わるから助詞の「と」はいらない。ぐるぐるでいい。円環よりも不整合で寛容で重層的なわたしたちのぐるぐる。かかるに、朝はしみだしてくる。紫があたらしい選択をするころ山々はさまざまな条件をのんで支度をととのえる。幹は地からしみだす朝をひきあげ枝葉からそわそわやわくわくやもりもりとなってがつがつをゆるめてゆく。わたしの鼻腔に入ってきたものは朝のギフト。毎日くりかえされている壮大で無碍なぐるぐる。これひとつお返しにと私から吐き出される呼気がため息から遠くはなれたゆらぎであることを願って、ともに朝をすいあげる。

 

※WEB「詩客」、文芸誌「狼」掲載作品